何故?タミフルは海外で人気がないのか?

日本ではインフルエンザが流行して実際にインフルエンザにかかってしまうと、タミフルを服用して治療とする人が非常に多いものです。しかし世界的に見てみた時に、日本程インフルエンザにかかった時にタミフルを服用して治療している国はないと言われている位なのです。ではどうして、海外ではあまり人気がないのでしょうか。
もちろん海外といっても色々な国があり、一概に全ての国について言えることではありませんが、一般的に海外の人というのは、ただの風邪とインフルエンザをそれ程区別しないという傾向にあります。なので例え本当にインフルエンザにかかってしまったとしても、ただの風邪だと勘違いして、市販の風邪薬等を飲んで治そうとする人が多いのです。そしてそれは別に驚くべきことではなく、日本でも風邪とインフルエンザの区別がつかない人は多いものです。実際この両者は、とても症状が似ており、素人では判断が出来ないと言われています。なので日本人の中にも実はインフルエンザに知らない間にかかっていたけれど、風邪だと思って放置してしまっていたという人が割りといるものなのです。
なので海外の人達はそもそもインフルエンザイコールただの風邪の一種だと思っていることが多いので、それを治す為にわざわざタミフルを処方してもらって飲もうとは思わないのです。もちろん海外の人の中にも風邪とインフルエンザの違いについてしっかりと認識していて、インフルエンザになった時は必ずタミフルを服用して治すようにしているという人もいるものですが、やはりそれは少数派です。世界的に見ても日本程タミフルを服用している国はないのです。しかし実際タミフルを服用することで症状が改善されたりもするので、一概に服用が悪いことだとは言えないもまた事実なのです。

インフルエンザを治療したい
タミフルとリレンザの副作用の詳細はこちら
薬 個人輸入

トップページへ