インフルエンザにタミフルが効果的と案内文の必読

インフルエンザウイルスの特効薬としてタミフルやリレンザがあります。そのうちタミフルは錠剤ということもあり、インフルエンザウイルスへの薬として人気が高まっています。タミフルは通常、医師の処方が無いともらえません。しかも、インフルエンザウイルスの反応がないともらえない事が多く、インフルエンザウイルスが流行しているとタミフルの在庫が少ない場合は特に処方されにくい薬でもあります。そのため、予防薬として処方してくれない場合が多いのです。タミフルは個人輸入が可能です。そのため、自己防衛用に購入するという方も少なくありません。インフルエンザウイルスの宿主になった場合、潜伏期間が数日あり、発症します。潜伏期間では風邪のような症状が出るので勘違いされやすいのですが、この間もどんどんインフルエンザウイルスを放出しているのです。宿主になった自覚がないとどんどん感染させてしまうことになります。しかも、宿主になり、風邪の症状が出ても会社を休めない場合も多いので気づいた時には大変なことになっているということもよくあります。そのため、感染したと思ったらすぐにマスクをして他にうつさないようにしたいものです。また、タミフルも効果的です。潜伏期間でもインフルエンザウイルスの増殖を止められれば発症しても軽く済むことが多いです。ただし、タミフルは副作用が強いので案内文は必読です。案内文が英語等の場合は辞書を使ってでもしっかり読まないといけません。案内文には副作用と要領が書かれています。しっかりと内容を理解して飲むことが大事です。市販薬のタミフルの量は一定ではありません。多すぎる場合には副作用がとても強く出る可能性が高いので量は特に確認が必要です

トップページへ