インフルエンザに感染後にタミフルを飲む時期

インフルエンザに感染したら病院に行くのが最優先事項ですが、タミフルを持っているならまずは飲むことが大事です。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれます。インフルエンザウイルスに感染すると増殖を初めますから、出来る限り早くタミフルを飲んで増殖を抑えることが重要です。病院に行く前だとインフルエンザウイルスにかかったのかわからないので不安に感じる方も多いのですが、タミフルは予防としても処方されることがあるのでインフルエンザウイルスに感染していなくても飲めます。ただし、飲んだ際には病院で申告することが大事です。また、インフルエンザについては型があるのでタミフルが効かない型に感染した場合は飲む時期関係なく効き目がないことが多いです。その場合はリレンザが処方されることが多いのですが、タミフルを飲んだ時期によってはリレンザをずらして飲む必要も出てきますので、病院が近くなら飲むのを控えておくのも有効です。タミフルでもリレンザでも飲む時期はとにかく早い方が良いのですが、体調が悪い時や、他の薬剤を処方されている場合には飲んではいけません。医師の診察をうけてから飲むことが重要です。体調が悪くなく、インフルエンザを防ぐ意味で飲む場合には用法を守って飲めば問題はおきづらいです。ただし、未成年に飲ませる場合は飲んだ後の行動をチェックしておくことが必要です。タミフルの副作用はだるさなどの症状の他に暴れたり、悪夢をみるなどの行動で出てしまうことも多くあります。もし、異常行動をしてしまったり、体調の変化があった際にはすぐに病院で診察をうけることが必要です。死亡例もはっきり断定されていませんが出ているので通院できる体制はとっておくと良いです

トップページへ