タミフルとインフルエンザブロックの活躍について

インフルエンザにかかったことがないという方も多いのですが、インフルエンザはいつかかるか誰にもわかりません。健康な体だから大丈夫ということもありません。インフルエンザウイルスは体の健康状態にかかわらず、口から入ってしまえば抗体がインフルエンザブロックをしない限り感染します。インフルエンザウイルスは型がたくさんあり、以前かかったインフルエンザウイルスと違う型に感染すれば連続でインフルエンザになってしまうという方も少なくありません。インフルエンザブロックには抗体がもっとも効果があるので予防接種などでインフルエンザの型に合わせた抗体を作ることが行なわれていますが、インフルエンザは型がたくさんあるのですべての型には対応できません。そのため、インフルエンザブロックとしては感染後に症状を抑えるためのタミフルにも期待されています。タミフルは副作用があることが認められている強い薬ですが、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果がとても強いので良く利用されます。タミフルはインフルエンザウイルスで多くあるA型の増殖を抑えてくれます。B型も多いですが、そちらにはリレンザが有効です。型によって効果がかなり変わりますが、インフルエンザの型を判明するには発症後でないと分からないこともあり、予防的にも配布されるのがタミフルです。タミフルは感染していない方にも処方されることがあるほど予防薬としても期待されています。型が違っても増殖をある程度防いでくれるからですが、吸引式のリレンザと違い、錠剤のタミフルは飲みやすいというのも理由のようです。ただし、未成年には副作用が強く出たり、精神的な副作用も多いことから飲んだ後数時間は観察することが求められています

トップページへ