養鶏場で危惧されるインフルエンザとタミフルについて

養鶏場などでのパンでミックが危惧される鳥インフルエンザは、渡り鳥などが媒介して家畜に伝染するウイルスです。このウイルスは人体に感染しないケースも多く見られますが、特殊なケースで人間にも感染してしまう可能性がある為、注意が必要とされます。
養鶏場では鳥インフルエンザが原因で、家禽を処分しなければならないことも多く、 万が一の人体への感染も考慮し、ウイルスが養鶏場で発見された際には、様々な対策を講じねばならないのです。
養鶏場を介すなど、鳥からの感染経路は、人体に影響を及ぼすケースでは、パンでミックなどの状態となりやすい特徴を持つものです。また、ウイルスが突然変異をすることがあり、人体への感染で高い危険性が示唆されています。
インフルエンザの抗ウイルス薬としては、タミフルが普及しており、そのほかにも喉の粘膜に直接薬剤を噴射させるものや、点滴などの抗ウイルス薬も普及しています。
これらの抗ウイルス薬は、複数のインフルエンザウイルスに対して効力を発揮できるという特徴を持ち、タミフルなどは感染後の二日以内に薬剤を服用することができれば、体内でのウイルスの増殖を上手く抑える事が可能です。
この理由としては、タミフルはウイルスの増殖を阻害する薬剤であり、既に活性化されたウイルスの働きは弱める事ができません。それゆえに、未だ活性化されていないウイルスを限定した効果が特徴で、発症した後の二日以内という時間制限が特徴となっているのです。
インフルエンザは高熱を発するだけではなく、慢性的な心疾患や糖尿病、呼吸器系の障害がある方などでは、肺炎などを併発して症状が深刻になるケースが見受けられます。その結果、生命の危機に瀕するケースも見られるため、タミフルの早期の服用が推奨されます。

トップページへ